消費者金融審査基準

消費者金融の審査基準とは

 消費者金融やキャッシング会社でお金を借りるためには、各金融会社の審査を通過しなければ融資を受けることはできません。金融会社の審査基準は概ね、共通しておりますので、その審査基準を理解していれば審査に落ちることはないでしょう。一度でも審査に落とされてしまうと、そのことが信用調査会社に載ってしまいますので、なるべく審査に落ちないようにしたほうが得策です。

 

では審査基準とはどういったものなのか。まず第一の審査基準は、融資を申し込む当事者の収入です。きちんとした職業に就いて、一定の収入があることが条件となります。無職でキャッシングは、クレジットカードの現金化以外では不可能です。勤続年数も一年以上であったほうが有利となります。パートやアルバイトでも審査に通ることもありますが、その場合は借入限度額が低く設定されてしまいます。公務員や大企業に勤務している人などは信用度も高くなりますので、限度額も高くなります。

 

そして次に重要なことは、現在の債務状況です。もしも現在、年収の三分の一以上の借入があるならば、総量規制の対象となりますので大手や中小の消費者金融では借りれません。また、過去に支払いの遅延行為や債務整理をしてブラックリストに掲載されている人も、審査に落とされてしまいます。そういった方は、少々金利が高くなりますが、多重債務者やブラックを対象とした金融会社を探せば借りれます。

女性、主婦、レディース専門の消費者金融とは

女性、特に主婦にとって金融会社でキャッシングすることは、近所の目もあってなかなか容易にはいきません。たとえネットで融資が可能といえども、電話の在席確認はありますので、勇気が要ることは確かです。しかし、女性向けレディースローンなどは女性のスタッフが対応しておりますし、主婦やパートでも審査に通ることから、女性にやさしいキャッシングといえるでしょう。

 

以前は旦那に内緒で専業主婦などもキャッシイングが出来ていましたが、総量規制が施行されて以降、旦那の承諾書が必要となりました。つまり、旦那に内緒でお金を借りることはできなくなったということです。しかし、総量規制の対象外の金融会社であれば、そういった承諾書の提出も不要なので、主婦の方でも審査に通ります。ただし、あまり大きく借りていると旦那にバレてしまいますので、必要な分のみ借りるようにしましょう。